インプラント・入れ歯

インプラント

インプラントとは?

インプラントとは?

インプラントとは、歯の欠損部分に「インプラント」と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に被せ物をして歯を補う治療法です。入れ歯やブリッジと違い、まわりの歯に負担をかけたり削ったりしないので、大変快適に使用できます。

インプラント治療の流れ(2回法)

  • 精密な検査を行います。
  • 手術を行い、インプラントを埋め込みます。
  • インプラントが骨と結合するのを待ちます。
    (結合するまでに数ヶ月かかります。その間、何度か定期検診にお越しいただきます。)
  • 手術を行い、歯肉を開きます。
  • 型をとり、人工歯を制作します。
  • 人工歯を装着します。

インプラントと入れ歯の違い

1.違和感がない

1.違和感がない

入れ歯と違い、インプラントは異物感を感じません。取り外しの手間もなく、自分の歯と同じように使うことができます。

2.よく噛めて痛くない!

2.よく噛める!痛くない!

インプラントは骨にしっかり固定するので、自分の歯と同じように噛むことができます。一方、入れ歯は歯茎で支えるので、自然の歯のように噛むことはできません。また、歯茎が圧迫されるので、痛みを感じやすいです。

3.まわりの歯にやさしい

3.まわりの歯にやさしい

部分入れ歯は健康な歯にバネをかけて固定します。そのため、健康な歯に負担がかかったり、バネにプラークがたまってむし歯の原因になったりします。 骨に固定するインプラントの場合はそのような心配がなく、まわりの歯への影響もありません。

インプラントとブリッジの違い

健康な歯を削らない・まわりの歯に負担がかからない・長持ちする

健康な歯を削らない・まわりの歯に負担がかからない・長持ちする

ブリッジは、健康な歯を土台にして橋渡しをして補う方法です。そのため、土台となる歯をどうしても削る必要があります。一方、インプラントは骨に人工歯根を埋め込むため、土台となる歯は不要です。もちろん、周囲の歯を削ることもありません。

土台の歯に負担がかかり折れてしまったり、土台の歯のまわりにプラークがたまってむし歯の原因になったりする危険性がインプラントにはなく、まわりの歯に負担をかけず、歯を長持ちさせることができます。

インプラントのお手入れ

インプラントを長期間もたせるためには、日ごろのお手入れが何よりも大切。お手入れをしっかりしておけば長持ちする一方で、ケアを怠ると10年もしないうちに使えなくなります。
インプラントの寿命はお手入れにかかっている、といっても過言ではありません。

  • 定期メンテナンスを必ず受ける
  • インプラント周辺は念入りにお掃除
  • 「おかしいな」と思ったら早めに相談

これらのことに注意し、インプラントを長くしっかり使っていきましょう。

日ごろのお手入れ

日ごろのお手入れ

日ごろのお手入れについては、歯科医院で指導を受けることが大切です。歯ブラシの硬さ、歯みがき粉の種類、磨き方など、しっかり指導を受けましょう。また、磨き残しを最小限にするため、歯間ブラシを利用するのもとても有効です。

定期的なメンテナンス

インプラントは噛み合わせの変化にも敏感です。定期的に歯科医院へ行き、

  • 歯石がついていないか
  • 炎症が起きていないか
  • 噛み合わせが変化していないか

など、より慎重なチェックが必要となります。

問題があったとしても早期に発見できれば、確実で容易に対処することが可能です。一方、自覚症状が現れるまで放っておくと、大がかりな修復作業や、場合によってはインプラントの撤去が必要となることもあります。

インプラントを長持ちさせるために、定期的なメンテナンスは絶対に欠かせないものですので、どうぞご注意ください。

インプラントの費用

入れ歯

入れ歯治療の流れ

  • 型をとります。
  • 噛み合わせの位置を決めます。
  • 人工の歯を並べ、仮の入れ歯を作製します。
  • 噛み合わせのチェックをします。
  • 技工所で入れ歯を製作します。
    ※1週間以上お待ちいただくことがあります。
  • 装着して調整します。
    ※調整のため、数回ご来院いただきます。

入れ歯に使用する素材

金属床

金属床

入れ歯の床に、コバルトクロムやチタンなどを使用。精度が高く、厚みを薄くつくることができます。ただし自由診療(自費)なので、保険適用のものよりも費用はかかります。(費用:15~30万円)
プラスチック床に比べ違和感が少なく、安定した噛み心地。熱電動にも優れているため、食べ物の温かさや冷たさをしっかり感じ、おいしく食事をしていただけます。

プラスチック床

プラスチック床

健康保険を利用することができます。強度を保つため、厚くつくる必要があります。ただし変形しやすく、割れやすい一面もあります。

お気軽にお問い合わせください

大阪市中央区にお住いの方でお口のお悩みなどございましたら、いつでも気軽にご相談ください。

page top