予防プログラム・歯周病治療

予防プログラム

予防プログラム

当院では、むし歯や歯周病の予防に力をいれ、一人ひとりに合わせた予防プログラムを作成しています。自宅でのお手入れと医院でのケアを計画的に行うことで、大きな予防効果発揮することができます。私達と一緒に、「自分の歯で生きる幸せ」を継続して実感してみませんか。

PMTC

PMTCとは

PMTCとは

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning の略です。簡単にいうと、「歯科医師や歯科衛生士による、専用の機器を使った歯のお掃除」という意味です。専門的なクリーニングですので、歯ブラシでは取れない汚れまでしっかりと落とすことができ、何よりとても気持ちの良い施術です。
むし歯や歯周病予防になり、歯がピカピカですっきり気持ちいいと感じられるところがPMTCを受けるメリットです。

PMTCの基本的な流れ

PMTCの基本的な流れ

STEP01

プラークの付着状態をチェックする

プラーク(歯垢)に反応する「染出し液」を歯に塗り、お口の中の磨き残しなど、汚れている部分を確認します。ここで歯磨きのアドバイスをすることもあります。

STEP02

機械を使ってしっかり清掃する

機械といっても痛みはほとんどなく、むしろ気持ちいいことがPMTCの特徴です。チップやブラシ、カップなど器具を使って、歯面を丁寧にクリーニングします。

STEP03

仕上げにフッ素を塗る

プラークをしっかり取り除いたら、歯を丈夫にして予防効果のある「フッ素」を仕上げに塗ります。

歯周病治療

歯周病とは

歯周病とは

歯周病菌が歯と歯茎のすき間に入り込み、やがて歯を支えている骨に達し、この骨を溶かしてしまう病気です。歯を支えている骨が溶けると歯を支えることができないので、歯そのものが健康だとしても抜けてしまいます。

今や成人の約8割が歯周病であると言われています。むし歯は歳をとるにつれてかかりにくくなりますが、歯周病は歳をとるにつれて進行します。

どうして歯周病になるの?

歯周病菌はむし歯菌と同じく、歯に付いた食べかすを栄養源にしています。この食べかすに歯周病菌がくっつくと、プラークができます。

進行すると、唾液中のカルシウムやリン酸を取り込んで固まり、「歯石」になります。こうして、プラークと歯石をつくりながら歯茎の奥へと進んでいき、いずれ歯茎が歯からはがれ、炎症を起こして腫れるなど重症化します。

歯周病は、ほとんど自覚症状らしいものは現れません。気が付いた時にはすでに重症化していることが、歯周病の怖さです。

歯周病の治療方法

歯周病は、完全に治療することはほとんどできません。一時的に歯周病菌を除去しても、歯周病菌を持っている人は身近にたくさんおり、自然と感染してしまうからです。

現段階で歯周病に有効な治療は、定期的にお口の中をきれいにすることです。プラークは、いくらきちんと歯磨きをしても取り除くことは困難です。 完全にプラークを除去するには、歯科衛生士が専門の器械を使って定期的に除去しなくてはなりません。

歯周病の進行と症状

1.軽度

1.軽度

自覚症状はありませんが、すでにたくさんの歯周病菌がお口の中に存在します。少しずつ歯石ができ始めます。

2.中軽度

2.中軽度

さほど自覚はなく、疲れた時に歯肉が腫れたり、多少出血したりする程度。しかし、歯の表面を中心に歯石がみられ、確実に進行し始めています。この歯石がバリアになり、歯周病菌の繁殖をさらに加速させます。

3.中度

3.中度

出血する頻度も高くなり、慢性的に歯茎が腫れたようになります。場合によっては、歯が少しぐらぐらするなど、確実に歯を支えている骨も溶け始めています。歯石は歯の表面だけでなく、歯茎の中にも付いています。

4.重度

4.重度

物を食べると歯が痛むようになります。左右だけでなく、上下にも歯が動き出します。歯を支える骨もかなり溶けてしまい、膿が出ることも。こうなると、抜歯が必要なことも少なくありません。

お気軽にお問い合わせください

大阪市中央区にお住いの方でお口のお悩みなどございましたら、いつでも気軽にご相談ください。

page top