噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

噛み合わせ治療

噛み合わせが悪いことで、肩こりや偏頭痛、顎関節症などを起こす可能性があります。この場合、噛み合わせを治療することでしか、症状を治すことができません。肩こりや偏頭痛でお悩みの方は、一度お気軽にご相談ください。

顎関節症

顎関節症とは

顎関節症とは

顎関節症とは、顎の関節を原因としたさまざまな症状を引き起こす病気です。主に以下のような症状が現れます。

  • 顎が痛む
  • 口が大きく開けられない
  • 顎が外れる
  • 顎を動かすと音が鳴る
  • 噛み合わせが悪くなる

これらの影響で顎を支える筋肉のバランスが崩れると、頭痛、首の痛み、肩こり、腰痛など、全身に影響が及ぶこともあります。

顎関節症の原因

顎関節症の原因は、主に以下のことが考えられます。

  • 噛み合わせの異常
  • 片側だけでご飯を噛む、などの普段の癖
  • 顎を強く打つなどの外傷
  • 仕事や人間関係などのストレス

通常、下顎は頭蓋骨のくぼみにはまっています。顎がスムーズに動くように、このくぼみには「関節円盤」という柔らかい軟骨があり、顎と一緒に動いたり衝撃を吸収したりします。この「関節円盤」に直接的な負担がかかる、あるいは周辺の筋肉が緊張すると、顎がスムーズに動かなくなり、さまざまな症状を引き起こす原因となります。

顎関節症を放っておくとどうなるの?

顎関節症の症状があってもそのままにしていませんか?放っておくと、日常生活に支障をきたすほど症状が悪化することがあります。

何かしら異変を感じたら、早めに病院でみてもらうようにしましょう。

お気軽にお問い合わせください

大阪市中央区にお住いの方でお口のお悩みなどございましたら、いつでも気軽にご相談ください。

page top